山口市歯科アクセスマップ

院内新聞から

むし歯菌も、おしっことうんちをします!

みなさんは、ごはんを食べて、うんちとおしっこをしますよね。
実は歯の表面にくっついているむし歯菌も同じ。むし歯菌のエサはお砂糖ですので、みなさんの歯の表面に残っているお砂糖を食べて、「うんち」と「おしっこ」をするのです。

歯を爪でひっかくと、ネバネバした白いかす(プラーク)がくっつきますね。それがまさに「うんち」に相当するもので、「歯垢」とか「プラーク」と呼ばれるものです。そして、むし歯の「おしっこ」に相当するものが「酸」です。

歯の表面というのは、エナメルという身体の組織の中で最も硬い組織でおおわれています。しかし、長い時間「酸」にさらされたままでいると、徐々にエナメルが溶かされて、そのうち穴になってしまうのです。

つまり、お砂糖をエサにしてむし歯菌が出した「うんち」歯に強固にくっつき「おしっこ」をして歯を溶かすことで穴ができる。それが「むし歯」という病気です。

しかしながら、その「むし歯菌」というのは、生まれたばかりの赤ちゃんのお口の中にはまったく存在しません。
風邪やインフルエンザと同じで、すでに菌を持っている人からうつる「感染症」なんです。むし歯菌が存在するだけでは、「むし歯」という病気は発症しないことが、他の感染症と大きく異なる点です。むし歯菌が存在する上に、お砂糖を飲食する習慣や歯みがきをする習慣は絡み合って初めて発症します。だから、それをコントロールしていけばむし歯予防は可能です。