山口市歯科アクセスマップ

矯正歯科

マウスピース矯正【インビザライン】を始めました

 

費用  756,000円(税込)
調整料 3,000円(月1回)

インビザライン治療のメリット

・透明で目立たない
・取り外しができる
・470万人の治療実績
・メタルフリー
・歯みがきがしやすい
・痛みが少ない


インビザライン・システムに関するQ&A

Q 治療できる範囲は限られますか?
一般的な矯正装置と同様、治療の適用範囲に制限は設けておりません。但し、担当医の治療方針等によって対応できる範囲が異なるため、詳しくは担当医へご相談ください。

Q 治療期間はどれくらいですか?
治療期間は先生の治療方針や治療計画等によって異なりますが、従来の矯正治療とほとんど変わりがないと矯正歯科医より報告されています。

Q 治療に痛みはありませんか?
痛みの感覚には個人差がありますが、マウスピース矯正は一般的に、従来の矯正装置のようにブラケットやワイヤーによる痛みや不快感が少ないと矯正歯科医より報告されています。

Q 年齢に制限はありますか?
年齢による制限はありません。永久歯が完全に生え揃っていない患者様も、インビザラインによる治療が可能です。詳しくは治療を担当する歯科医に直接ご相談下さい。

矯正治療はいつ始めればよいか?

一般的には、犬歯(真ん中から3番目の歯)がはえてから、あるいはすべての歯が永久歯にはえかわってから始めるほうが治療期間が短くなります。しかし、あごの骨の発育が極端に悪い場合、取り外しのできる装置で早期に始めた方が良い場合もあります。

3歳児からの受け口治療

反対咬合と診断されたら!!

「ムーシールド」という受け口を治す子ども用のマウスピースを使用します。

3歳児健診で年間約4万〜5万人(4〜5%)が該当するといわれています。
大抵は「永久歯が生えるまで様子を見ましょう」といわれますが、自然治癒する割合は1割にも満たないのが現状です。小学校上級生以降になって、頭にベルトを巻き、下あごを押さえつける「チンキャップ療法」などが試みられますが、お子様への負担が大きいです。

そこで最近注目されているのが、幼児のうちに改善させる「ムーシールド」による治療法。寝ている間、口に特殊なマウスピースを装着する方法です。

対象年齢は3〜6歳です。
ムーシールド

お問合せ・ご相談はこちらから